院長ブログ

tel_sp.png
ご予約はこちら

2018.04.15更新

3月後半から病院が忙しくなり始め、気がついたら4月も中旬になっていました。

先日、狂犬病集合注射に行ってきました。
今回の会場は当院から比較的近い場所だったので、見たことのあるワンちゃんもいたりしてホームな感じがしました。

集合注射2018

 

来週の土日は京都ハンナリーズのホーム最終戦があります。
チャンピオンシップ出場も決まり、最後まで地区優勝を目指して頑張ってくれると思うので、応援に行くつもりです!

ホーム最終戦2018

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.03.18更新

金曜日の夜に、先月移転オープンした左京区のセナ動物病院の見学に行って来ました。
院長の北中先生は一緒に勉強会をしている友人で、獣医師としても実力も、人間的な人格も素晴らしい方です。
お祝いとして、北中先生のイラストを描いてもらってプレゼントしました。
依頼したイラストレーターの方に素晴らしい絵を描いていただき、それをファブリックパネルに印刷してもらいました。自分も欲しくなるような一品ができた気がします(自画自賛的ですが…(笑))。

セナ動物病院

北中先生

 

先日、京都市獣医師会が運営している京都夜間動物救急センターが新聞に取り上げてもらえました。

「急病の猫や犬、慌ただしく 動物救急センターに密着」
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20180314000104

京都夜間動物救急センター http://kyoto99.net

設立前からずっと関わって来た病院で、開院当初の専門スタッフが決まっていない時には何度も当番獣医師として勤務したので感慨深いものがありました。
これからもずっと京都の夜の動物病院として活躍してくれると思うので、これからは裏方として支えていきたいと思います!

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.03.11更新

少し先の話ですが、
3月30日 金曜日は院長の山田が東京出張のため、お休みをいただきます。 病院は通常どおり診療をしております。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承ください。
院長の診察をご希望の方は木曜日までか、土曜日にご来院ください。

本日は午後1時から、
第9回京都動物フォーラムが開催されます。

会場は昨年から京都駅から徒歩10分ほどのYIC京都ペット総合専門学校です。
今年はペット自慢コンテスも開催されるため、是非とも多くの方にお越しいただければと思います!
例年通りの展示もされていますので、そちらにもご参加いただいて楽しんでもらえればと思います。

私も開催スタッフの一員として、体験教室でお手伝いしていると思いますのでご来場の際にはお声掛け下さい。

詳しくは下記より〜
http://www.kyoto-shiju.or.jp/news/693.html

京都動物フォーラム2018

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.02.28更新

今日で2月も終わり、明日からついに3月になります。
梅の花も咲き乱れて来て、春の訪れを感じる気温になって来ましたね。

4月から、獣医師がシフト制でお休みをいただくようになるため、
スタッフがシフト表を作成してくれました。
当院は基本的には担当医制ではありませんが、前回診察した獣医師が継続診療をするようにしています。
前回診察した獣医師がいない場合は、他の獣医師が診察させていただいています。
曜日によってお休みをいただく獣医師がいるため、獣医師の指定がある場合はお気を付けください。

2018.4月シフト

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.02.17更新

先週末は大分県の別府市で開催された獣医学術学会年次大会に参加し、
症例発表をしたり、勉強をしてきました!
大分県に行くのは友人の結婚式の時以来の2回目でしたが、
懇親会などで美味しい食事もたくさんいただいて満喫できました。

発表した内容について、座長の先生や知り合いからお褒めの言葉をいただけたのがとても嬉しく、これからももっともっと頑張っていこうという気持ちになれました。

年次学会2018

話は変わりますが、
4月から、獣医師の勤務体制がシフト制になり、曜日によって院長を含む4人の獣医師のうちの1人がお休みいただく日があります。
休みの日程は院内掲示やブログでお知らせしていきますので、ご確認いただければと思います。

冬季オリンピックのフィギュアスケート男子の羽生結弦選手と宇野昌磨選手、おめでとうございます!
ケガを乗り越えての結果に感動しました。他にも立派な結果を出している選手がたくさんいますが、今回のオリンピックで初めての金メダルなので、より光って見えました。
明日以降もメダルラッシュを期待してます。

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.01.31更新

寒い日が続き、インフルエンザも流行っているようですね!


先週末は獣医がん学会が大阪で開催されました。

今回のメインテーマは血管肉腫で、特に脾臓の血管肉腫について講演されました。
ランチョンセミナーでパラディアという分子標的治療薬の使い方を北海道大学の細谷先生が講演されたのがとても勉強になりました!
当院でもボチボチ使っている薬ですが、効果的な使い方や副作用の対策、使うべきではなさそうな腫瘍など、現時点での最新の知見を聞くことができました。
ガン学会2018

昨日は昼休みに亀岡市にある関西盲導犬協会まで、獣医師会のお仕事で行って来ました。
道の脇にはまだ少し雪が残っているような状況でしたが、無事に到着して診察してきました。
これから盲導犬になるべく訓練を始める若くて元気な大型犬を見るとなんだか嬉しくなってしまいます。
関西盲導犬協会2018

最後ですが、
今日の外来診療からの症例紹介です。
食欲不振のウサギさんが来られ、身体検査で左下顎臼歯の過長歯が見つかりました。
尖った臼歯が舌を刺激して痛かったのだと思います。
尖った部分を切除してキレイに整えたのでまた食欲が出てくれるはずですが、経過は要注意です!
ウサギさんの食欲不振はよく遭遇する疾患ですが、これからもしっかりと診断・治療していきたいと思います。
ウサギの臼歯過長歯

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.01.25更新

昨夜から雪が降り始め、今シーズン初めて雪が積もりましたね。
東京ほどではありませんが、この雪で交通が混乱しそうです。。。

先日、定例となった京都市獣医師会の症例検討会と新年会が開催されました。
京都市内の同業者が集まって勉強したり交流できる良い機会で、年が明けて最初の大きなイベントでした。

8題の症例を参加者でディスカッションし、アドバイザーに来ていただいたネオベッツVRセンター長の宇根先生にご意見をいただいて勉強をしました。

新年会では、獣医師会会員だけでなく、動物病院に関係する業者さん達にもきていただいて交流をはかれました。
今年も3月11日に開催される京都動物フォーラムに向けて、団結ができたかと思っています。

先週末から少しお腹の調子が悪いリュウちゃんですが、治療の甲斐があって少しずつ改善傾向です。
早くいつもの元気いっぱいになって欲しいと思う今日この頃です。

リュウちゃん180125

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2018.01.02更新

新年あけましておめでとうございます!
年末年始の休診をゆっくりと過ごさせていただいています。

お正月は恒例の氏神様の松尾大社と、厄除け以来毎年通っている立木観音まで初詣に行きました。
立木観音へのお参りは年末年始でなまった身体にはいい刺激になります。
初詣

今年もこれまで同様にしっかりとお仕事してまいりますので、西京極どうぶつ病院をよろしくお願い致します!
看板猫のリュウちゃんと共に新年のご挨拶でした。

2018年病院外観

受付リュウちゃん

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2017.12.27更新

今年も残すところあと数日となりました。
12/30~1/3まではお休みをいただき、
新年は1/4から診察を開始いたします。


今年も色々な出来事がありましたが、振り返ってみるとアッという間に過ぎ去った気がします。
年が明けて数日でまた一つ歳をとるので、もっともっと精進せねばと思っています。。。

先日、抗がん剤治療で来院されたリンパ腫の患者さんから、素敵なプレゼントをいただきました!
我が家の愛犬だったメリーちゃん(トイプードル)をイメージした手作りの羊毛細工です。
本人にそっくりな出来栄えで、家族で喜んでいます!
在りし日のメリーと並べてみても、その完成度の高さがわかります(笑)

メリーの人形

昨日で今年の仕事納めだったので、昼休みにスタッフ達と忘年会的なお食事会に行きました。
今年の慰労を兼ねて、ホテルランチバイキングで贅沢してしまいました!
美味しいものをたくさん食べることができ、幸せなひと時を過ごすことができました。

来年も頑張ってお仕事をして、有意義な一年になるよう努力したいと思います。
皆様もよいお年をお過ごし下さい!

スタッフと忘年会

投稿者: 西京極どうぶつ病院

2017.12.12更新

先週の土曜日に、またハンナリーズの応援に行ってきました!

接戦の末に何とか勝利しましたし、はんニャリンや応援に来られていたかつみ・さゆりさんと一緒に写真を撮ってもらい、テンション上がりました(笑)

もう少しで前半戦が終わるようですが、今のところ西地区2位につけており、後半戦に向けて楽しみです。

ハンナリーズの応援

この後、久しぶりに夜間病院のお手伝いに行き、少し仕事しました。
命に関わるほど緊急な症例は来ませんでしたが、いつもと違う環境での診察は少し緊張しました。
設立当初は月に数回出勤していましたが、夜間病院の専属獣医師が決まってからは会議の時だけ出ている程度でした。

公私共にしっかり充実させて、残すところあと僅かになってきた今年も有意義に過ごしたいと思います!

投稿者: 西京極どうぶつ病院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

kyotoAR京都府夜間動物救急センター
Eparkcalooペットペットポータルシステム
ご予約はこちら